下大黒柱おそるべし

ケヤキの独立土台
ケヤキの独立土台

 

下大黒に架かるすべての重量を最後の最後に受け止めた木部材、土台です。

 

長さ4尺、幅尺一、厚さ4寸、ケヤキの辺材で造られています。

 

何かに使おうと思って大切にしていたものですが、3年前から玄関の踏み台に使用しています。

 

中心に大きなホゾ穴があって、足がとられるのでケヤキで埋木しました。

 

右下の黒ずみは、大工さんが墨壺からこぼした墨の跡だと思います。

当時の刻み現場の様子がいい感じで想像できます。

 

板の中心、ホゾ穴のあたりを見てください。

左右と雰囲気異なりませんか?

そうです。少し窪んでいるのです。

家の重み+豪雪地帯の雪の重み故の窪みなのです。柱の太さ尺角の窪みです。

 

辺材とは言ってもケヤキ、軟な木ではありません。それが窪む、いったいどれだけの重量を受け止めていたのでしょう。下大黒柱まさにおそるべしです。

 

 

 

 

白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分