古民家の移築

近くの集落で、古民家の移築のための解体作業が進んでいます。

昔は、当たり前に行われていた作業です。

 

いくらなんでも施主や大工が、将来の移築を想定して家を建てていたとは思いませんが、ひょっとしたら将来移築され誰かの役に立つのでは、と言う可能性までは否定していなかったように思います。

 

解体廃棄と言う現在の流れは、今の施工方法では無理からぬことで、その意味において、正しい効率的な処理方法であることは確かですが、非常にもったいないことには変わりはありません。

 

この、古民家は昭和初期の新築ですが、あらわになった構造材に意味のないほぞ穴が見られます。

そう、古材を流用しているのです。

このようなことは民家だけに限らず、城であっても寺社であっても見られることです。もったいないという考えも当然あったでしょうが、同時に、使えるものは使い切るという職人の目利きの現れを感じます。

 

この古民家は、滋賀県に行くそうです。滋賀県と言えば琵琶湖、湖畔の風景が浮かびます。

願わくば湖畔の緑豊かな地に建ち、飛騨の風土が育んだ、飛騨民家の意匠美を存分に発揮してほしいと思います。

白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分