古民家の移築に思うこと

いま古民家移築に向けた動きが進んでいます。

その主役である古民家は築150年とも言われている農民家です。


すでに家は木組み構造を知り尽くしたベテランの大工さんの手で丁重に解かれて、すべての材は大工さんの作業場において丁重に保存されています。柱、梁、垂木、大引き、根太、板、建具などすべてが集まっています。


今後、大工さんのする仕事は一部柱の根継ぎと埋め木程度にとどまるものと思われます。

私たちにとっては150年と言う歳月は非常に長いものですが、木にとっては鼻歌程度の歳月なのだと改めて思います。

古民家に住まいするということはその長い歴史を引き継ぐことであり、喜びもそこにあるののだと思います。


カビが出ないように
カビが出ないように
癖が出ないように
癖が出ないように
桟を入れて変形とカビ防止
桟を入れて変形とカビ防止
新材と同じ扱い 刻みを待ちます
新材と同じ扱い 刻みを待ちます
陽に照らされて変形しないように
陽に照らされて変形しないように
カビ防止
カビ防止

白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分