杉葉拾い

昨年拾い置きした薪ストーブ用の杉葉少なくなったので、屋根のペンキ塗り作業に区切りをつけて暗くなる前に拾いに出かけました。

持ち物は、米袋と二つ、縛って担ぐためのロープ、そしてクマよけの鈴です。出掛ける場所は昔里山だった近所の山ですがクマの出没も普通に考えられるので用心で携行しました。

 

子供が通学で長年使ってくたびれた自転車で山裾までゆき、今ではあまり使われなくなった山道を息を切らせておよそ5分、杉木立のなかに入りました。

台風19号の吹き戻し結構強かったので「杉葉たくさん落ちているだろうな」と期待して来たのですが思ったほどではありませんでした。

 

杉葉は霜が降りてから拾うものと知ってはいましたがやはりその通りでした。

降霜の頃、昔も今も暖が本格化します。そして獣の心配もありません。その意味を改めて感じました。

杉葉を拾う。たったそれだけのことだけど考えることは沢山あるような気がします。



白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分