この橋渡るべからず

高原郷を背骨のように貫く高原川は、広い河川敷を持っています。

その広い河川敷に架かる橋は計画交通量の少なさから幅員は狭めですが、河川の荒れることを想定してか頑丈につくられているような気がします。

幅の狭い橋はその長さがさらに強調され、のびやかに軽やかに対岸を目指しています。

「この橋渡るべからず」一休さんが頓智を発揮した橋はこんな感じの橋だったのだろうか、なんて考えつつ橋のまん真ん中を歩きました。

白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分