いかんともし難いこの見てくれ

必要最小限度の鏡を見る時間でいつも思います。

いかんともし難いこの還暦後の見てくれ(顔)のことです。寄る年波そして老いてゆく細胞、日々の劣化は避けることできません。

テリー伊藤さんが言っていました。「歳をとると何一つ良いことはない。良いこともあると聞いていたけどそれは嘘」と、目は悪くなるし、頭の毛は薄くなるし、歯は悪くなるし、トイレは近くなる等々延々と話が続きました。同感です。

古民家のようにワビ・サビを纏いながら年齢を重ねていくことができたらいいのですが。

ただ泣くことしかできなかった孫たちが日々べんこなことを覚えていくのと逆の状態である自分、でもそれもまたよしです。いかんともし難いからです。

白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分