板倉移築開始

寡黙な基礎屋さんがコツコツと仕上げた布基礎が完成したその翌日、今日は、土台が据えられて役柱が立ちました。今の建物には見られない「貫」は柱と柱を補助的に結束し、壁を支え、そして地震の時は揺れをしなやかに受け止めあるいは逃がす、また意匠的にも優れているもので、昔の建物は貫を抜きにしては(笑)考えられません。貫を外すのも入れるものなかなかどうして甲斐性がいる仕事で見ているだけで勉強になります。

柱と貫間におさまる板 板倉の名の由縁たる板 パズルのようです
柱と貫間におさまる板 板倉の名の由縁たる板 パズルのようです
棟梁に明日までに塗っといてと言われて
棟梁に明日までに塗っといてと言われて
明日が楽しみです
明日が楽しみです
白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分