ブログ 古民家徒然 (考えること)

2015年

3月

14日

春祭りのやわい

今日(3月14日)は氏神様金桶冨士神社の春祭りと新入学児童の安全祈願祭の日、早朝より氏子総代長さん以下総代さん方が祭りのやわいに余念がありません。今年は雪が多くて金桶冨士神社名物心臓破りの参道の除雪は大変だった由、お話し伺って、皆さんの奉仕のご苦労を知るとともに感謝しなければと思いました。

資料によると金桶冨士神社は、静岡県富士宮市にある浅間神社(富士山本宮浅間大社)を勧請(かんじょう)したものとか、古木大木が林立する境内においてもやはり今冬の大雪の爪跡はみられますが、社は凛として佇み午後からの神事を待つのみです。

 

 

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

07日

幸せなオーナー

先日、古民家建築の足しにとの思いで、たばっていた(笑)古材と古建具を拠出いたしました。オーナーは喜んでくれましたがはたして棟梁は?との思いがありました。大工さんの真似事が好きで過去に色々なものをつくってきました。ほんのちょっぴりですがモノづくり側の気持ちは理解しています。そんな気持ちから、棟梁が描いている段取りに水を差すようなことにはならないか危惧していましたが、でもそれは杞憂でした。古材はすでに加工されて最もふさわし場所に納まっていますし納まろうとしています。建具も納まり場所選定済みで細かな計画と細かな加工作業も始まっていました。本当に頭が下がります。素晴らしい棟梁に巡り合えたオーナーは本当に幸せなオーナーだと思います。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

08日

土台について

土台、古民家の土台について考えるきっかけは棟梁の一言でした。

「土台を交換しやすくするためやな」

この一言は、上等な土台にしてもらったお礼を棟梁に述べたときのことです。

棟梁は、古民家の土台をはずしているときに気づいたそうです。継手が上向きではなく横向になっていることに。つまり土台の交換を想定していたと言うのです。

ず~っと先までのことを考えて家づくりに取り組んだ往時の人たちは本当に凄いと思います。

古民家の土台は多分栗の木だと思います。土台としてはこれ以上のものはありません。広葉樹は針葉樹と違って長く真っすぐな部材がとれないスネの短い木です。ですから土台継ぎが重要になってきます。土台の交換の作業性を考え継手を横向きにして、さらには木を無駄にしないことを考えて継手の位置も考えたことでしょう。「推して知るべし」そんな家が悪かろうはずがありません。

0 コメント

2014年

12月

16日

左官の道具

左官職人の兄が使っていた道具をほぼそのまま残してもらっています。兄は平成19年に56歳で亡くなりました。弟の私が兄が生きた年齢を大きく超えた今、無理はできないものの十分に使える体がまだあります。そのことを考えると兄は左官職人としての絶頂期に逝ってしまったのだと思います。

兄は、亡くなる1年半ほど前に白川村和田家の修復に携わています。文化庁の仕事でした。亡くなってから和田家を訪れたとき、当主の和田さんに兄のやった仕事を案内していただきました。白川村まで行って仕事をしていることは知っていましたが、そんないい仕事をさせてもらっていたとは。

作業中に記者さんの取材があったのでしょう。写真にはにかみながら鏝をはこぶ兄が写っています。兄は人としても職人としても尊敬できる存在でした。

 

0 コメント

2014年

11月

19日

もったいない

「もったいない」と聞いて育った世代は、当たり前のようにごく自然に「もったいない」を次の世代に残してきました。また、外国の女性が」発した「モッタイナイ」は日本人のひとつの価値観が世界に広まる機会をつくってくれました。

 

新聞の切り抜きがあります。帰化されたドナルド・キーンさんのことばです。

 

 長年、そう、もう70年以上にもわたって日本文学と文化を研究してきて、私がいま   だに感じるのは、日本人の、「日本的なもの」に対する自信のなさです。違うのです。「日本的」だからいいのです。・・・・

 

そして、東日本大震災と原発の災禍に触れこうも言っています。

 

 こうした災難からも、日本人はきっと立ち直っていくはずだと~中略~それは、「日本的なつよさ」というものを、心にしみて知っているからです。・・・・

 

多分にこじつけですがもし日本的な良さや日本的な強さが一定レベル以上にあるとしたら、それは、「もったいない」の文化を抜きにしては考えられないのでは、と思います。

 

 

0 コメント

2014年

9月

24日

秋ゆえに

高山市のメール配信にクマ出没の警戒呼びかけ頻繁ですね。

ちょうど耕作している棚田のあたりが通り道らしくて、付近では毎日のように目撃があり情報として配信されています。

なので、棚田での作業は、鈴を携行したり声上げ気味の独り言を発しながらやっています。で、本日は朝から棚田のボタの草刈りです。棚田の最上部から順次下方に向かって作業していたところで背後に黒い気配、驚く間もなく聞こえたのはエンジン音を突いて耳に到達した「お父さん!」の声、女房が来ていたのです。いくらなんでも草払い機の音があれば大丈夫だと思っていましたが、予期せぬ女房の大声にあとから驚きがありました(笑)


今年は里の、柿、栗、ナツメなどのナリ物は良いですが山は不作なのでしょうか、一説には、昨年の木の実豊作で個体数が多くなりそのため食べ物が不足しているとか、冬に備えての動物は必死です。こちらも一生懸命やっていますが必死さでは二歩も三歩も及びません。こちらが引くしかありませんね。

0 コメント

2014年

9月

22日

棚田の耕作

本日、棚田の稲刈りをしました。

耕作面積はおよそ5アール、コシヒカリを作っています。

私は、日常的によく米をいただきますがコメ離れの昨今を考慮すれば、5アールで二家族が一年間食するだけの収量があります。坪数にして約150坪ほどです。

 

この棚田、以前はもっと田圃の枚数と面積がありましたが少しづつ少なくなり現在の面積になりました。

亡くなった兄から今の棚田を引き継ぎ今年で13年目になります。農業に関しては父と兄に丸投げであった次男坊がもう13回も棚田の耕作をしてきたのです。自分でも感心します。でも、年々仕事がトロクサくなりました。加えて脊柱管狭窄症ゆえに無理もできず益々作業時間は長くなりました。本日の稲刈作業も思ったより進まず明日の午前中いっぱいかかりそうです。

作業しながら考えます。自分の後を引き継いで棚田を耕作してくれる者がいないことをです。平地の田圃なら農業法人に依頼することもできるでしょうが、ここは棚田、何をするにも手間のかかる作業ばかりだからです。

周りを見渡すと耕作放棄地がたくさんあります。やがてこの棚田も同様の運命をたどるのでしょう。

先人が原野を開墾し何代にもわたって耕土をたくわえてきたこの棚田も自然に帰る時が来ています。女房に「やめたら」って毎年のように言われています。が、決めるのは私です。淋しくて怖いことですけどいずれは決めなければならないのです。

0 コメント
白栗不動産ひだっちブログ

白栗不動産(ハクグリ)

TEL: 0577-72-4484

携帯:090-4080-9886

メール

 お問合せはこちら 

 白栗不動産は、飛騨高山で『古民家を譲りたい/貸したい)』人と『古民家を譲り受けたい/借りたい』人の手をつなぐお手伝いをしています。


中部縦貫道高山ICより、高山国府バイパス飛騨市方面へ約5分